【65歳以上のシニア女性限定】イチイが手がけたシニア女性向けシェアハウス「シニアライフ田無」とは Vol.1

現在イチイでは、高齢者の新たな住まいとして「分散型サ高住」に取り組んでいます。

分散型サ高住は一言で表すなら「コミュニティを重視した高齢者向け賃貸住宅」。住み慣れたまちから離れずに自分のペースで暮らせる住まいを、地域に点在する空室や空き家を活用して作るというものです。

実はイチイでは、既に超高齢社会に向けて新たな高齢者向け住まいを手掛けています。それが「シニア女性専用シェアハウス」です。

シェアハウスとは一戸を複数人で暮らす住まいのこと。もちろん個室は設けられていますが、リビングやトイレ・浴室・キッチンなどの水回りは共用スペースです。若者の住まいというイメージがあるかもしれませんが、実は高齢者と親和性が高い住まいなのです。

そこで今回は、イチイが手掛けたシニア女性向けシェアハウスについてご紹介します。

→分散型サ高住とシェアハウスは似ている? 詳しく知りたい方はこちら

シェアハウス「シニアライフ田無」とは

イチイのシニア女性向けシェアハウス「シニアライフ田無」は元気な65歳以上の単身女性専用のシェアハウスです。居室には家具が備えられているので自分で用意せずとも入居してすぐに快適な暮らしを始められます。

シェアハウスは呼び寄せにも最適!

離れて暮らす高齢の親を心配して、子どもが親を近くに呼び寄せたいもの。しかし、自宅で一緒に暮らしたくても家が狭くて同居はできないと場合もあります。そういった場合、近居する高齢者が多いです。一緒に住むとお互いストレスを感じることもありますが、近居なら行き来しやすくそれぞれが個人の時間を過ごせます。こういった場合にもシェアハウスは適しています。

住む人の状況に応じて建てられたシニアライフ田無。思っていたよりも使い勝手がいいと思われたのではないでしょうか。

次回の後編では、気になるシニアライフ田無をご紹介していきます!

▼シニアと賃貸住宅に関する記事はこちら▼

関連記事

  1. これから期待大!「住宅セーフティネット法」改正案による「居住サポート住宅」とは

  2. 【国のモデル事業へ】イチイの「コミュニティ型高齢者住宅」とは

  3. 「分散型サ高住」が広がらない2つの理由とは

  4. 「分散型サ高住」入居者の交流拠点は「見守りスタッフのいる場所」

  5. 【高齢者は優良入居者!?】高齢者と賃貸住宅の実情を探る

  6. 【住まいの多様化】これからは賃貸住宅でSDGsのゴールを目指す時代